◆今月のメッセージ 2016.08:

7月になりました!
皆さま、お変わりなくお過ごしでございますか。

パリの気候は、気持ちよく、テロの事を考えなければ、最適です。
爽やかな風が心地よく、ゆったり時間が過ぎていきます。

先月末に、ピアニストの中村紘子さんがご他界された事を知りました。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

最初にお目に掛かりましたのは、1995年のワルシャワのショパンコンクールの時でした。
審査員でいらっしゃいましたが、ドイツからの審査員の故ピピト・アクセンフェルト女史の勧めでワルシャワに参りましたために、何度か審査員の方たちと交流させて頂きました折にお目に掛かりました。
それから、娘の参加しましたコンクールで、何度かお目に掛かることがございましたが、とてもお元気な方でしたのに、誠に残念です。

それに致しましても、大腸がんは、生存率が高いと聞いていますが、私の周囲では、大腸がんで亡くなられた方が数人いらっしゃいます。
食の欧米化があげられていますが、もしそれが重大であるならば、海外生活30年の私は、まさに当てはまりそうな病気です。

最近は、がんの話題が本当に多いですが、何とかよい治療法が出来て欲しいと思います。

しばらくは、パリ生活となりますが、事件がない事を祈りながら、穏やかな日々を送りたいです。

では、皆さまも楽しいバカンスをお過ごし下さい。