◆今月のメッセージ 2020.06:

6月です。
皆さま、如何お過ごしでございますか。

まずは、ファンの方たちに、恒例の6月の”レ・クロッシュ ファンの集い”は、中止となりますので、お伝え申し上げます。
ホテル グリーンプラザ箱根 の立派なロビーでのコンサートと終演後に、ファンの集いを予定致しておりましたが、支配人様から、新型コロナウイルスの急速な拡大と政府からの緊急事態宣言の発令に伴い、7月22日までは休館とさせて頂きます、との事でございますので、どうぞご了承下さいませ。

6月から少しずつ活気づいてきたように思いますが、回復するまでには、まだまだ時間が掛かりそうです。

フランスは、学校開始は9月の新学期からの開始になるかも、と言われていましたが、6月2日から小中学校は開始されるそうです。
高校は、遠方から通う生徒もいますので、学校側が判断するようです。
しかし、これ以上感染者が出ない事だけを祈っています。

アルザスの知人たちは、皆お元気だとの事ですが、友人の知り合いには、かなりの方がコロナに罹ったとの事でした。
本当にお気の毒です。
皆さんが一日も早く、お元気になりますようにお祈り申し上げます。

今日までに、フランスの感染者は、151,753人ですから、最近の感染者数は大分少なくなっていますが、世界の一日も早い終息を願うばかりです。

レ・クロッシュのマキ&ナオは、春公演はなくなりましたが、演奏法の見直し、弛緩法を徹底し、楽曲解釈を深めていく事に力を入れ、励んで居りますので、またコンサートが開催出来ます時期になりました折には、是非楽しんで聴いて頂きたいと思います。

ところで、レ・クロッシュ リサイタルがすべて中止又は延期に伴い、温かいメッセージと共に、ご寄付金を頂戴致しました。
心から感謝申し上げます。

レ・クロッシュ ファンクラブ会報秋号や延期のコンサートプログラムにも掲載させて頂く予定でございますが、2万円~5万円のご寄付を下さいました、3組の方たちのご氏名を下記に記させて頂きます。
もちろん、数千円~2万円までの方たちにも、心から感謝申し上げます。
2020年のレ・クロッシュ ファンクラブ秋号裏面に掲載させて頂きたいと存じます。
誠に有難うございました。

・協賛:北里楽器店(練馬区)
・黒田歯科医院(小金井市)
・田中要子様(練馬区)

このたびのご寄付金は、延期公演の企画のために運用させて頂きたいと思いますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

今は、音楽業界や演劇業界のみならず、観光業界や山小屋経営の方たち、そしてブティックや飲食店などでも、経営に大変苦しんでいらっしゃいます。
本当にお気の毒で、何とか力になってあげたいと思います。
是非、皆さまのお力をお借りして、立ち直って欲しいと切に願っております。
多くの方たちが救いの手を差し伸べて下さいますよう、心よりお願い申し上げます。

最後に、孫は、今年の春と夏に、ミュージカル「アニー」のテシー役で出演することが決まっておりました。
9000人以上の参加者から、アニーを含め、14名の合格者が決定致しましたので、その時は、まさかコロナ感染の影響で、すべての公演を失うとは思っておりませんでした。
本日、夏の大阪・群馬・名古屋・富山の地方公演もすべて中止との連絡を受けましたので、とても可哀そうに思いましたら、主催者様からのご報告によりますと、来年度も本年度の14名のメンバーがアニーの公演に出演させて頂けることになりましたそうです。
折角、コロナの自粛期間でも、頑張って練習に励んだ子供たちの事を思いますと、不憫でなりませんでしたが、何か気持ちがホッと致しました。
孫も大喜びしていました。
是非来年こそ、素晴らしい舞台を観せて欲しいと思います。

では、明るい6月であることをお祈り申し上げます。